クリニックの案内

最近のトピックス 『婚活疲労外来』


 婚活の実態
当クリニックでは、これまで精神疾患全般を治療対象とし、専門外来を特別に設けることはしませんでした。ですが、昨今の「婚活」の実態を見ますと、婚活地獄と言われている程であり、「婚活」にただ疲れたというよりも、軽いながらも精神疾患の認められるケースが少なくないことに驚きを禁じえません。配偶者を得るという人生の一大イベントに直面し、「婚活」特有の病態に陥っているのです。

 婚活で起きる病気;「婚活疲労症候群」
誰でも配偶者の選択には慎重になりますから、一度の出会いで双方が結婚を決意するのは例外的な場合でしょう。むしろ、何度かの出会いの中で、比較検討して相手を選択する、というのが通常のパターンでしょう。ところが、新たな出会いを何度か繰り返すということは、その間、相手から断られたり、相手を断ったりするということです。配偶者を選ぶ時には、性格や能力をはじめとして相手をあらゆる角度から検討して判断するわけですから、相手から断られる、という事態は、自己の全人格を否定された体験となります。この全人格を否定される体験は日常生活で頻繁に起こる体験ではありません。このような非日常的な体験を一度ならず、二度、三度と繰り返すことでうつ病を発症しやすくなります。
また、当然のことですが、断られることについての恐怖心が高まって行き、拒絶に対する恐怖症に陥りやすくなります。また、恐怖症の身体的表われの一種ともみなせる過敏性腸症候群も出現しやすくなります。大切な場面であればあるほど、トイレに行きたくなってしまいます。
結婚相談所などを活用して「婚活」を行っている方の中には、異性と接することに関してはじめから恐怖心を抱いている方も少なくないかもしれません。そのような方が何度も拒絶に遭うと、異性恐怖症はますます強まるでしょう。拒絶に何度も遭うことは、上記のメカニズムで、うつ病や恐怖症に陥りやすくするだけではなく、将来の人生に対する絶望感をもたらします。すべての人が結婚生活を望んでいるわけではないでしょうが、「婚活」を行っている人は結婚生活が自己の人生の充実に不可欠と考えている方でしょう。
このような期待を抱いている方が何度も拒絶に遭うことは、今後の人生に関して強い閉塞感をもたらします。そのために、早々に不眠が出現するでしょうし、さらに高じると、やはりうつ病に陥りやすくなります。
「婚活」により全人格を否定される体験を通じて、不安・恐怖・抑うつなどの症状が出現する病態を、「婚活疲労症候群」と名づけることができるかもしれません。

 『婚活疲労外来』とは?
以上からわかりますように、「婚活」は自己の人生を賭けた大勝負だけに、それに見合ったメンタル・サポートが必要であり、不幸にして、症状が出現した場合には、適切な治療が必要です。そして、メンタル・サポートと治療を行うことにより、挫折しかけた気持ちを立て直し、再び「婚活」に立ち向かうことが可能となるのです。
納得できる出会いまで粘り強く「婚活」を続け、幸せな結婚を実現すること。それを応援するのが『婚活疲労外来』なのです。

 『共同治療者』
なお、今回、『婚活疲労外来』設立にあたって、うつ病の臨床研究と治療に造詣の深い小野博行先生をお呼びしました。
「婚活」特有の病態に関しては、うつ病かうつ病でないかの見分けがとりわけ重要だと考えたからです。

 診療形態
当クリニックでは、保険診療のほか、自費診療も行っております。
婚活中の方は、精神科に通院することが人に知られた場合、結婚に際して不利になるという意識を強くお持ちのこととお察しします。保険診療を受けることにより、精神科通院の事実がいずれかの経路によって漏れてしまうのではないか、という懸念が生じても不思議はありません。
そのような方のために、保険という社会制度を利用しない自費診療もご用意いたしました。費用の詳細はクリニックに直接、お問い合わせください。